UQ mobileの便利機能を活用して無駄なくデータ通信しよう!

UQ mobileの便利機能を活用して無駄なくデータ通信しよう!

 

UQ mobileにはデータ通信を便利に使うための機能が3つあります。

 

その3つの機能を上手く使えばデータ量を節約しつつ、無駄なく使うことができます。

 

 

 

データ通信を便利に使うための3つの便利な機能

ターボ機能

 

ターボ機能は高速通信と低速通信の切り替えを行うことができる機能です。

 

低速通信で十分なときは、低速通信に切り替えることでデータ通信容量を減らすことなく、データ通信を行うことができます。

 

データチャージサイトにて、ターボ機能の切り替えができます。

 

なお、初期設定は高速通信が可能になる「ターボON」です。

 

ON/OFF 通信状態 通信速度 データ容量
ターボON 高速通信 受信最大150Mbps 消費する
ターボOFF 低速通信 受信最大200kbps(※1) 消費しない

※1. データ無制限プランの場合は受信最大500kbps、ぴったりプランの場合は受信最大300Kbpsとなります。

 

データ容量くりこし

 

余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

 

繰り越しができるので、もったいないからといってデータ通信容量を無理に使い切ろうとしなくても大丈夫です。

 

繰り越しできるデータ通信量は、翌月に適用されるプランの基本データ通信容量と同じ容量までとなります。

 

データチャージにより追加購入いただいたデータ容量は、繰り越しの対象外となります

 

容量消費は、

  • 繰り越し分
  • 基本データ容量
  • 追加購入データ容量

の順番に行われます。

 

 

データチャージ

 

繰り越したデータ通信容量を含めて使い切ってしまった。

 

そんな時には「データチャージ」でデータを追加することができます。

 

チャージ容量 料金 有効期間
100MB 200円 90日間
500MB 500円 90日間

 

 

なお、チャージしたデータ容量が余っているときに追加チャージした場合、全てのチャージ分の有効期限が最後にチャージした日から90日後になります。

 

 

データ通信を節約しながら無駄なく使おう

 

データ通信量を節約しながら無駄なく使えば、余分なお金を払う必要は無くなります。

 

上手く機能を使いこなして、データ通信を節約しながら無駄なく使いましょう。